寝返りでその日の体の歪みをとっている

寝返りをうつことで快眠が得られる

寝返りうってますか?

て、わからないですよね。

 

 

この寝返りですが、

実はとても重要な

体の機能なんです。

 

 

寝返りをちゃんと

うてているかどうかで

睡眠の質が変わり

一日のスッキリ感が変わってきます。

 

寝返りは一日の歪みをとっている

寝返りは必須です。

 

 

なぜなら一日の体の歪みを

とっているから。

 

 

もし、

寝返りをしていないと、

体を動かさないので

緊張状態です。

 

 

そのせいで、

朝起きた時に腰が痛かったり

肩がだるかったりするのです。

 

 

正常な人は、

一晩で20回くらい

寝返りをうっているんですよ。

 

 

自分の寝返りを

数えれないのが残念。

 

 

腰痛の人は、

一晩に2~3回程度の

場合もあります。

 

寝返りで夜中の体温を下げている

寝返りをうたないと、

ベットと接地している

部分の熱が溜まります。

 

 

その密封された箇所に

空気の入れ替えをするのが

寝返りの役目。

 

 

いろいろ体勢を変えることで

熱が溜まらないようになり、

寝ている間の体温を

下げることができます。

 

 

体温は夕方が一番高く、

夜寝ている時が

一番低くなるのが正常です。

 

 

寝返りをうたず睡眠中に

体温が下がらなくなると

睡眠の質は下がってしまう。

 

 

しかし、

寝ている間は無意識。

どうやって改善すれば

いいのでしょうか?

 

1日10回、寝返り筋トレーニング

寝返りをどうやって

うっているかというと、

お尻の筋肉を使っています。

 

 

片膝をたてて、膝を伸ばし、

お尻を持ち上げて

体勢を変えているのです。

 

 

《寝返り筋トレーニングのやり方》

①上向きで寝転がる

②両膝をたてて腰幅に広げる

③両足の向きが平行になるように

④かかとはできるだけお尻に近づける

⑤両手は体の横に自然に置く

⑥ゆっくりお尻を持ち上げる(腰が痛くならないところまで)

⑦ゆっくりおろす

⑧これを10回繰り返す

 

 

寝ている間は無意識ですが、

このトレーニングをしていると

 

 

無意識でも潜在意識が

この動きを覚えていて

自然とやってくれるのです。

 

 

寝る時間の1時間前にすると、

体温が上がって更に効果的。

 

 

決して、

寝る直前にしないように

してくださいね。

 

 

交感神経が働き

睡眠の質が下がりますので。

 

まとめ

❏健康のために寝返りをうたないといけない

❏寝返りは歪みをとったり快眠のために必要な動作

❏寝返り筋トレーニングをすることで解決できる

 

 

大阪心斎橋 ストレスフリー整体 Keepfit

友だち追加

 

 

06-7222-3330
メールフォームでのご予約・お問い合わせはこちら
LINEでのご予約・お問い合わせはこちら

大阪メトロ御堂筋線「心斎橋駅」から徒歩5分
大阪メトロ四つ橋線「四つ橋駅」から徒歩5分

大阪府大阪市中央区南船場4丁目10-13
HUQUE Building MINAMISEMBA67号室

■営業時間 平日 11:00~20:30 /
土日祝 11:00~19:00
■定休日 不定休

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP