睡眠中に脳は記憶の整理と記憶の強化をしている

受験生必見!徹夜するより寝た方が覚えられる!

テストや受験前になると

追い込みをかけます。

 

 

ギリギリまで勉強して

時には徹夜までして。

 

 

その気持ちと気合いは

必ず結果をもたらします。

 

 

しかし、もっと賢い方法がある。

 

 

それは

記憶は睡眠に任せる

という方法。

 

実は睡眠中に脳内に溜まった

情報を整理し、

 

 

必要のない情報は削除され

必要な情報だけ記憶に定着

するという素敵なシステム

になっています。

 

 

ならば、徹夜して勉強するより

しっかり睡眠をとった方が

良いのではないでしょうか?

 

 

スポーツパフォーマンスを上げるためにも睡眠が大事

一流のスポーツ選手は睡眠を

とても重要視しています。

 

 

メジャーリーガーの大谷翔平選手も

睡眠時間が長いことで有名です。

 

 

私たちが何かを習得するとき

睡眠を挟むことで

練習したことが身につくのです。

 

 

睡眠をとらずひたすら練習するより

睡眠をとった後の方が練習の

成果が高いということです。

 

 

例えば

自転車に乗る練習を24時間寝ずに

するよりも、睡眠をしっかりとると

翌日上達しているのです。

 

 

更に睡眠の質が良ければ良い程

上達しやすいという仕組みなのです。

 

 

睡眠の質を上げることで脳内の情報処理能力は劇的に上がる

ただ眠ればいいという

問題でもありません。

 

 

もちろん睡眠の質がいいに

越したこちはない。

 

 

そのためにはテストや試験前だけ

ではなく、日ごろから睡眠に対して

意識を高くもっておきましょう。

 

 

睡眠の質を上げる生活習慣を

しておくことで、成績は上がり

スポーツの上達も早くなる。

 

 

そこでポイントになるのが

自律神経のバランス。

 

 

睡眠の質をよくするためには

自律神経のバランスがとても

重要なのです。

 

 

本番で実力を最大限に発揮するには自律神経のバランスが大事

いわゆるゾーンに入る

という状態は

 

 

自律神経でいうと

緊張の神経(交感神経)と、

リラックスの神経(副交感神経)が

 

 

ちょうで同じレベルで

働いている状態です。

 

 

ゾーンに入ると

集中力が究極に研ぎ澄まされ

 

 

練習してきたことや

勉強してきたことが

最大限に発揮できます。

 

 

スポーツ選手でも実力が

あるのに大会で成績を

残せなかったり

 

 

すごい選手なのに

スランプになったり。

 

 

これは正に自律神経が乱れて

しまったからなんです。

 

 

睡眠の質も大事ですが

まずは睡眠時間を確保。


こちらの記事も読んでください↓

睡眠不足は一気に自律神経のバランスを悪くする←クリック


というわけで、

受験生も試験でベストを

尽くすために徹夜せずに

ちゃんと寝ましょう!

 

 

整体で脳の機能がアップ⤴

 

 

大阪心斎橋 ストレスフリー整体 Keepfit

友だち追加

06-7222-3330
メールフォームでのご予約・お問い合わせはこちら
LINEでのご予約・お問い合わせはこちら

大阪メトロ御堂筋線「心斎橋駅」から徒歩5分
大阪メトロ四つ橋線「四つ橋駅」から徒歩5分

大阪府大阪市中央区南船場4丁目10-13
HUQUE Building MINAMISEMBA67号室

■営業時間 平日 11:00~20:30 /
土日祝 11:00~19:00
■定休日 不定休

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP